ALEXNDER SHOROKHOFF アレクサンダー・ショロコフはモスクワの裕福な家系の出身で、若いころから芸術や若文学、音楽にも興味があった。そして、機械的な物や建築にも興味を抱いていた。 そんな彼がエンジニアの勉強をする為にモスクワ大学へ進学したのは必然であった。 大学での卒業試験の後、建築設計関係の会社で働き始め、また政治的な業務にも関わり、モスクワですぐに指導的立場へとなっていった。
それらの功績が認められ、その当時、ペレストロイカなどの政策を推し進めていたゴルバチョフ氏により、彼は若い人々の中から選ばれ、より自由な環境の中で経験を積むためにドイツへと留学。
やがて、ロシアで最も評判の良いブランドを西ヨーロッパへ広める時計販売会社を設立。会社は瞬く間に成功し、グローバルに展開するようになった。
そして2003年のBASELWORLDで、彼は長年夢見ていた彼自身の名前を冠したブランド、彼のルーツ、情熱、精密さ、美しさ、独特な感性を表現する彼自身の時計ブランド、ALEXNDER SHOROKHOFF(アレクサンダーショロコフ)を発表した。
彼の懸命な努力の結果、他に類をみない、独立的にして野心的、そしてオリジナリティー溢れる時計が誕生した。今日、時計の愛好家や鑑定家達の間では、この時計なしでは腕時計を語ることは出来ないとまで言われている。